韓国伝統家屋情報|韓国伝統・韓国文化と生活紹介ならハナビツアー
  国旅行に役立つ生活情報紹介 | 韓国伝統紹介ならハナビツアー  
韓国ツアー予約GO
 
ログイン 会員登録(無料)  見積依頼 携帯レンタル 韓国文化・生活のホーム 予約確認   お問合せ  顧客センター  コミュニティー
 
韓国ソウル旅行のホーム エリア 韓国航空券 韓国ホテル ツアー 韓国観光スポット グルメ 韓国ガイド・ドライバー手配 韓国免税店・ショッピング エステ・美容 韓国購買代行サービス 韓国文化・生活
  韓国生活情報・交通情報・暮らし情報ならハナビツアー  
 
文化 韓国情報プラス 基本情報 スポーツ 生活
伝統衣装 伝統家屋 航空・交通情報 地下鉄・交通情報 タクシー・交通情報 バス・交通情報
祝祭日 (公休日) 暮らし
  韓国伝統衣装、韓国伝統家屋など韓国の美をご紹介|韓国生活情報ならハナビツアー  
韓国の伝統家屋:韓屋(ハノッ)
韓屋とは朝鮮半島伝統の建築様式で立てられた家屋のことで、その様式は経済力、地域はもちろん、地形や気候によっても異なります。韓屋の中でも最も特徴的なのがオンドルという暖房システムで、これは朝鮮半島の厳しい冬に対応する造りになっています。また伝統家屋の屋根は瓦(キワ)やワラ(ヂッ)が最も多く、また山間部では松の皮(ノワチッ)を使った住宅もありました。また上流階級の住宅などは風水を重んじ、背後に山、前方に川が流れる配置を重視しました。現在国内には、昔ながらの伝統家屋はほとんど残っておらず、安東河回村(アンドンファフェマウル)や慶州良洞村(ヤンドンマウル)、全州韓屋マウルなど一部に残る程度です。また民俗村やソウルの南山韓屋村(ナムサンハノッマウル)などでは移築や、再現された韓屋を見ることができます。特にソウル郊外の韓国民俗村では実際に使われていた168棟の家屋を地域別、階級別に展示し、朝鮮時代の家屋を一目で見ることができるようになっており、韓屋の仕組みを知るのに最適です。 
上流階級の住宅
風水を考慮し配置された上流階級の屋敷の中には99間を持つ両班(ヤンバン)の屋敷も存在しました。屋敷の構造は母屋を中心に構成され、男性が暮らすサランチェ、女性や子供が暮らすアンチェ、客間、板の間、台所、下人の暮らすヘンランなどで構成されていました。 儒教の影響で、女性が入ることを禁止された部屋もあり、また敷地内には通風の為のデチョンと呼ばれる広い空間もありました。床暖房であるオンドルが完備され、屋根は瓦で造られているのが一般的でした。その屋敷を取り囲む塀は貴族の地位を表すように高く設置されていました。
民家:北部地方 民家:中部地方
北部は特に冬の寒さが厳しい地域ですので、屋根を低くし、間取りも風が入り込まないように工夫され、さらに狭いのが特徴です。一般家屋でもオンドルを設置し、厳しい冬を乗り越えました。 中部の邸宅の特徴としては屋敷を口の形に配置し、中央に「デチョン」と呼ばれる空間を作り、風通しをよくした点。庶民の家の場合はデチョン、台所、部屋という構造が一般的でした。
民家:南部地方 民家:済州地方
南部地方は暑い夏に対応するため、軒下に空間をつくり、屋敷全体が風通しが良いように造られ、縁側も整えられています。屋根も少々高めなのが特徴です。 済州島は高温多湿で風が強い気候や、台風の襲来に備え、家の壁は本土とはまた違い、頑丈に石を積み重ねて作られています。わらぶき屋根の上には重石を載せて、屋根が吹き飛ばされないようにしました。
 
   
韓国旅行観光情報ハナビツアー 会社紹介| 利用規約| プライバシーについて| 免責事業/ 著作権| 広告| 特定商取引法に基づく表記 | 関連サイト | サイトマップ | FAQ

(株)ハナビツアーは 韓国ソウル旅行を中心に釜山旅行、済州旅行、現地ツアー情報をご提供いたします。(韓国旅行業協会正会員(KTA))
ツアー、ホテルや格安航空券の手配から、観光スポット、グルメ、ショッピングまでお得な韓国旅行・観光情報満載!日本語対応可能。

《本社》ソウル特別市麻浦区孔徳洞256-13第一ビル709号 TEL.82-2-312-8855 FAX.82-2-312-8600  法人登録番号. 110111-3339060
《支社・支店》釜山・済州・大阪
  © 2015. HANABI TOUR Co., Ltd. All rights reserved. Contact Us:  hanabitour@yahoo.co.jp